【おしらせ】07/07 特集「妖夢ちゃんのブチギレお祖父様集」更新!

2024-04-04

2024/04/04

「朝からカレーですね」
「妖夢、気をつけなさい」
「やっぱりですか、なんか目がしぱしぱします」
「じゃあいただきますの前に」

 Y子さんがみんなの前にカレーをおいて改めて口を開きます。

「すみませんでした」
「妖夢これ妖夢Y子さんが謝ったわよ」
「恐ろしいんですけど」

 匂いとY子さんの態度でわかる、白玉楼のカレーの辛さです。

 本日のメニュー
 ・朝カレー
 ・トマトサラダ
 ・きゅうりの浅漬
 ・ヨーグルト

「一応食べる前にサラダとかヨーグルトとか食べてください」
「今までの無い配慮が怖いんだけど」
「私牛乳も用意していいですか」
「納豆で紛らわせよう」

 各々辛さの準備をしました。
 ここは代表として幽々子様が一口いきます。

「幽々子様はやく食べてみてください」
「全く主人に毒見させて……ぱくり」
「……幽々子様?」
「んっんっんっ」
「カセさん、主人が何も言わず震えだしたんですけど」
「怖すぎるでしょこのカレー」

 本当に怖すぎました。
 でも幽々子様は二口、三口と食べ進めます。

「幽々子様、一口だけでもヒントを下さい」
「……最初の衝撃よりは」
「カセさん、最初の衝撃さえしのげば」
「うむ」
「今カレーの話してるのよね? 作った私が言うのもあれだけど」

 幽々子様の言うとおりでした。
 最初にカレーの辛さがばばーっと襲ってきましたが耐えて次の一口をいけばなんとかです。
 水の上を歩く時の理論です。
 右足が沈む前に左足を前に出す。
 そんな朝からカレーでした。

 ……カレーの話です。