【おしらせ】07/07 特集「妖夢ちゃんのブチギレお祖父様集」更新!

2023-06-28

2023/06/28

 今日はカセさんの部屋の秘密の飲み会だったので少し夕飯を控えめにしました。
 普段はおかわりを二回しますが、一回だけにしたら幽々子様は「カセさん、あとで差し入れするわ」と言っていました。
 私の様子でそんな会話が生まれるなんてみょんな気がします。

 本日の秘密のお酒
 ・良い日本酒
 ・馬のお刺し身
 ・枝豆
 ・ナッツ
 ・くんせいチーズ

「本日は幽々子様から馬をいただきましたわ」
「フミタさん誰ですかあの人」
「カセさんに決まってんだろ信じたくないけど」

 なんか正座をしてしゅんとした服を着ていました。

「甚平だよこれ」
「あ、それ甚平なんですか」
「カセさんどうしたんだ可愛くなっちゃって」
「せっかく幽々子様から頂いたし、お酒も良いのだしちょっと気分からね」
「なるほど。私も浴衣を……」

 一瞬考えましたが面倒になりました。

「やっぱやめます」
「面倒になった?」
「あい」

 毎日だったのが二日に一度になり、今は三日に四日に一度の飲み会になっているようです。
 そのため一回の飲み会の中身が濃厚になっているようです。

「うちとしては足りねえけどな」
「でもいい酒はいいでしょ」
「うむ。これはこれで」
「ちなみに私は途中で毎回帰っていますが、いつまでやってるんですか」
「こないだは日の出まで」
「フミタ、付き合って」
「うーい」

 数が少ない分長くなっているようです。
 元も子もなくなってる気がしますが、まあ良いです。
 お酒は飲み過ぎると良くないですから。
 カセさんの禁酒(?)は成功です。