【おしらせ】04/15 日記の最後に「❤️」を追加しました!いっぱい「いいね」してね!

2019-06-18

2019/06/18
六年目120

 今日は幽々子様とY子さんが一日お出かけです。
 ごはんはカセさんとフミタさんと何かしようかと考えていると。

「来たな妖夢ちゃん」
「え、あ、はい」
「ついてきな」
「……はい」

 なんか変な口調のカセさんに呼び止められました。
 こうして私は白玉楼の奥深くへと潜ったのです。

 本日の秘密のお酒
 ・麦酒
 ・フライドポテト
 ・チキンナゲット(マスタードソース)
 ・ポーチドエッグ
 
「がびーん、もうお酒飲んでますね!」
「がびーんて」
「けらけら。相変わらず妖夢ちゃんは面白い反応するな」

 イマナさんの部屋でカセさんと外国のおつまみをいただきました。
 まだ午前中なのにこの人達は飲んでいました。
 
「いやあそれにしても」
「面白かったねえイマナさん」
「なんの話してたんです?」
「この間の宴会の妖夢ちゃんのものまねよ」
「面白かったようで良かったです」
「いやいや妖夢ちゃん、違うよ。あまりにひどかったと笑ってんだカセさんと」
「え」
 
 本気でやったつもりなんですが。
 そもそもあれはイマナさん発案です。*1

「まあまあ、麦酒でも飲んで」
「飲みますけど。どうすれば良かったんですか。イマナさんならどうしますか」
「もっとひどくあれば良かったんだよ。幽々子様をおちょくってやれば」
「え、でもひどかったって」
「だからそれよりもひどく。ねえカセさん」
「うん。あんな宴会だし真面目に見てる人居ないから。大げさにふざけるほうがよかったと思う」
「え」

 ということで世渡り上手なお二人から世渡り術を教わりました。
 お酒を飲みながらなので殆ど覚えていないですし、多分お二人は適当に言っていました。
 それがとても楽しかったので、また飲みたいです。
 早いけど寝ます。おやすみなさい。酔っ払いました。

*1 2019/06/01 六年目103