【おしらせ】07/07 特集「妖夢ちゃんのブチギレお祖父様集」更新!

2014-05-13

2014/05/13
82

今日は少し趣を変えてみようと思います。
お昼ごはんはコロッケと唐揚げ、野沢菜の漬物でした。
それはともかく。

本日のお風呂あがりのメニュー
・コーヒー牛乳

今日はお昼かなり暑かったので夜お風呂入るときに少しこだわってみました。
お風呂は登別。
これはゆかり様がお中元で持ってきてくれる
お風呂に入れるとお湯がパワーアップする粉の種類のことです。
登別はなんかこう元気になります。
そしてなんといってもメインはお風呂あがりの一杯でしょう。
(こう書くとなんかおじさんがお酒を飲むみたいです)
お風呂あがりはコーヒー牛乳、しかも一気飲みに限ります。
ごきゅごきゅと音を立てるとなお良いです。
私にはお風呂に上がり、シャツと短パンでお台所に走りました。

「Y子さん、明日の仕込みですか」
「うんそうよー……ってなに息を切らせて」
「瓶のコーヒー牛乳を飲みます。それはもう勢い良く」
「ああそうなのね。はい」
「ありがとうございます」

ごきゅりごきゅりと音を立てて一気にあおりました。

「くっはー!」
「美味しそうに飲むわねえ。私もお風呂あがりのために冷やしておこうっと」
「ああ、コーヒー牛乳ならあっちに」
「ううん、私はね」
「?」
「フルーツ牛乳がいいの」
「Y子さんを敵とみなしました」
「ええっ」

見損ないました。
まさかY子さんがお風呂に上がりにフルーツ牛乳を飲む人なんて。
お風呂に上がりはコーヒー牛乳だって決まっているのに。

「ってことがあったんですよ幽々子様」
「くはーお風呂あがりの白い牛乳は美味しいわね」

もう誰も信じられません。