【おしらせ】07/07 特集「妖夢ちゃんのブチギレお祖父様集」更新!

2014-03-14

2014年3月14日

 日記を書くようになってから、月日の流れの早さを実感するようになりました。
 2月は短いといえど、幽々子様にチョコレートをあげた日から一ヶ月がたちました。
 今日はそのお返しの日なので私はわくわくしながら目を覚ましたわけですが
 まさかこんなお返しになるとは思ってもみなかったです。
 そして今日のお昼ごはんはと言うと。

 本日のメニュー
 ・むしパン
 ・あんこ

 結論から言うと、今日のお昼ごはんは幽々子様が作ってくれたむしパンだったのです。
 夕ごはんの後にデザートととしてなにかくれるのかな、と思いましたが
 まさかお弁当になってくるとは。
 しかもむしパン2つだとお弁当が軽くなって怪しまれるのを心配してか
 むしパンの間にあんこが敷き詰められていました。
 そういえば今日Y子さんが私にお弁当箱をくれる時に
「妖夢ちゃんって虫歯あるっけ」
 みたいなことを聞いてきたのを今思い出しました。
 魂魄妖夢、虫歯ゼロです。
 
 おおきいのが二つ。
 ひとつはレーズンが、もうひとつはあんずが入っています。
 あんこをよけ、幽々子様お手製のむしぱんにかぶりつきました。
 むしゃりとやるともちもちのむしパンはほろりとほどけ、私の舌の上でゆっくりと溶けていきます。
 なんてやさしい食感なのでしょう。
 もはやかぶりつく、ではなくむしゃぶりつく、という表現の方が的確かもしれません。
 そして卵の風味がうっすらと鼻を抜け、なんとも心地よい午後の休憩を演出してくれます。
 私はあっという間に食べてしまいました。
 もちろん、まわりのあんこも手ですくい完食しました。
 私は、幽々子様からこんな素敵なお弁当をもらえて幸せものです。
 
 すぐさま家に帰り、お礼を言いました。
 幽々子様は
 「あら、そんなことあったかしら」
 などとぼけていましたが、逆にそれが可愛らしく私はもっともっとうれしくなってしまいました。
 今日は一緒にお風呂に入って背中を流してあげようと思います。
 あとで誘ってみます。
 今日はとても、とっても素敵なホワイトディでした。

 ……日記にはちょこっと正直に書いてしまいます。
 さすがにお昼のお腹ペコペコの時は甘いものじゃなくてしょっぱいものが食べたかったなあって。
 まあこんな文句言ったらばちが当たりますね。やめましょう。さあお風呂お風呂。